【チタンマグカップのメリット・デメリット】スノーピークやモンベルはどう?

チタンマグカップメリットデメリット

 「チタンマグカップって、どんな欠陥があるの…」

「スノーピークとモンベルだと、どっちの方がいいのかしら…」

アウトドアに欠かせないキャンプ用品が「チタンマグカップ」。

私もスノーピーク「チタンマグ」を愛用していて、キャンプや登山で大活躍しています。

「チタンマグカップ」について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  • 軽く頑強な金属なので、一生モノのマグカップになる
  • ダブルマグは直火厳禁、お手入れにも注意が必要
  • スタッキングしたいなら、断然「スノーピーク」がおすすめ

ただ、「チタンマグカップ」を使ったために、トラブルに巻き込まれる人がいるのも事実…。

メーカーが教えない、「チタンマグカップ」のメリット・デメリットに迫っていくことにします。

「チタンマグ」って、どうしてこんなに人気なの?



【チタンマグカップのメリット】ステンレスとの違いを比較

チタンマグカップメリット

チタンマグカップが人気を集める理由は主に次の3つです。

  1. 軽くて強い
  2. 熱い飲み物でも安心
  3. 保温性・保冷性に優れている

1 軽くて強い

スノーピークチタンシングルマグ450

手にしてまず驚くのは「軽さ」。

チタン自体の重さはステンレス(鉄)の6割程度しかなく、銅やニッケルの半分ほど。

しかも、「ただ軽い」と言うだけでなく、「軽くて強い」のチタンの特徴。

屋根材や高層建築の建材としてだけでなく、飛行機部品の多くにも「チタン」が使われるほど。

チタンマグカップは軽量で割れにくいので、キャンプなどのアウトドアにはぴったりのアイテムです。

金属アレルギーも安心

金属アレルギーが起こる仕組みは次の通り。

金属アレルギーの仕組み
  1. 金属が汗や体液、唾液に触れる
  2. 金属が腐食し、金属イオンとなって溶け出す
  3. 金属イオンに体が過剰反応する

チタンは、ステンレスより「耐食性」が上。

汗や体液で溶け出す心配がないので、金属アレルギーのある方でも安心。

しかも、錆びる心配もないので、一度買えば一生使い続けていくことができます。

2 熱い飲み物でも安心

スノーピークチタンシングルマグ300

チタンは、ステンレスより熱伝導率の低い金属。

沸騰したての飲み物を注いでも“飲み口”や“持ち手”が熱くなりにくく、火傷する心配もなし。

コーヒーだけでなく、熱いスープや味噌汁を飲む時にも重宝しますよ!

3 保温性・保冷性に優れている

スノーピークチタンマグ

チタンマグカップは熱伝導率が低いので、保温性・保冷性に優れているのが特徴。

温かい物は冷めにくく、冷たい物は温くなりにくいので、一年を通して活躍してくれます。

氷も溶けにくくなるので、真夏のキャンプにも最適。

保冷性に優れたチタンマグカップを使えば、ビールが一段と美味しくなること間違いなしです!

POINT
チタンマグは、アウトドアに最適。耐食性の高い金属なので、一生物のマグカップになります。
逆に、「チタンマグ」の注意点はないのかしら?

「チタンマグカップ」のデメリット

チタンマグカップデメリット

チタンマグカップを利用する時の注意点は次の4つです。

  1. 安物のチタンマグは臭い
  2. お手入れが必要
  3. ダブルマグは直火厳禁
  4. 価格が値上がりしている

1 安物のチタンマグは臭い

スノーピークチタンシングルマグ220

チタンは金属臭が少ないので、アルミやステンレスのカップが苦手な方にもおすすめ。

ただ、安物のチタンマグは不純物が混ざっていたり、オイルが塗られていることがあるので、「臭い」と感じる場合も…。

臭いが気になる場合は、

  • メラニンスポンジ(激落ちくん)でこする
  • 重曹やクエン酸に漬け込む

などの対策をすると改善する場合があります。

2 お手入れが必要

スノーピークチタンシングルマグ

チタンは汚れが付きにくい素材なので、普通に使っている分には特別なお手入れ不要です。

ただ、ほったらかしにしていると、

  • 皮脂や汚れによる黒ずみ
  • 茶渋のような跡

が残ることがあり、食器用中性洗剤で洗っても“黒ずみ”はほとんど落ちません。

スノーピークチタンマグ 激落ちくん

‟しみ”などの汚れ落としには、「激落ちくん」などのメラニンスポンジが有効。

「激落ちくん」で軽くこするだけで、新品のような輝きを取り戻してくれます。

関連 【激落ちくんが最強?】チタンマグカップのお手入れ方法を徹底ガイド

3 ダブルマグは直火厳禁

スノーピークチタンシングルマグ300 直火

「チタンシングルマグ」は一枚板で成形されているので、「直火」にかけても機能的には問題なし。

実際、多くのキャンパーが直火にかけて、シングルマグを使い込んでいます。

メーカー自体は「非推奨」なことがほとんど。長時間火に当てると変形することがあるので、自己責任で行ってください。

対して、「ダブルマグ」は二層構造で空気をサンドイッチしているので、火にかけると空気の層が膨張

変形するだけでなく、最悪破裂してしまう可能性もあるので、直火は絶対にNGです。

4 価格が値上がりしている

スノーピーク

「チタンマグ」は近年価格が上昇していて、スノーピークの場合は3年で600円も値上がりしているのが実情です。

これほどまでに高くなっている理由は、原料となるチタン鉱石の需要が世界的に拡大しているから。

さらに、電気料金の値上がりにより製造コストの負担も増加しているので、これからも値上げが続く予想です。

POINT
「チタンマグ」は値上がり必須。早めに購入しないと損しますよ!
「スノーピーク」と「モンベル」を比べると、どっちの方が良いのかしら?

【スノーピークvsモンベル】チタンマグカップのおすすめは?

スノーピークモンベルチタンマグ

チタンマグカップとしては、「スノーピーク」と「モンベル」が人気。

そこで、「スノーピーク」と「モンベル」の違いを比較すると次のようになります。

横にスクロールできます⇒

項目スノーピークモンベル
重さ70g(450ml)70g(450ml)
容量・サイズ220ml:直径6.6×7.8㎝
300ml:直径7.5×8.1㎝
450ml:直径8.5×9.1㎝
450ml:直径8×9cm
600ml:直径8×12cm
スタッキング×
直火自己責任自己責任
シングルマグ
ダブルマグ
定価2915円(450ml)2530円(450ml)

スタッキングするなら「スノーピーク」

スノーピークチタンマグスタッキング

「スノーピーク」も「モンベル」も基本的な性能はほぼ同じ。

ただ、「モンベル」には600mlの大容量チタンマグカップがあり、価格的にも少しだけお得です。

対して、「スノーピーク」の最大の特徴は、スタッキングできるようにサイズが調整されていること。

スタッキングすれば‟持ち運び”や‟収納”で便利なので、使い勝手を考えれば「スノーピーク」の方が上です。

POINT
スタッキングできる「スノーピーク」の方が使い勝手は上。逆に、1つのサイズしか購入しないなら「モンベル」がおすすめです。

実際に「チタンマグ」を使っている人って、どう思っているの?

スノーピーク「チタンマグカップ」のレビュー

実際に「チタンシングルマグ」を愛用されている方の声を紹介します。

一生使えるアイテム(シングルマグ300の口コミ)

割高感はありますが、質のいいチタン製だから、永く使える品だと思います。

実際もう10年も使っていますが、錆や傷は1つもありません。

一生使えることを考えたら、安い商品を何度も買い替えるより、よっぽどお得ですよ!

スタッキングできて便利(シングルマグ220の口コミ)

「チタンシングルマグ」はスタッキングできるようになっていて、コンパクトに収納できるから本当に便利。

しかも、「220」・「300」・「450」と3つのサイズがあるから、家族で使い分けられるのも嬉しいポイント。

軽くて丈夫だから、子供にも安心して使わせられますよ!

直火もOK(シングルマグ450の口コミ)

注意書きには「直火・空焚きはしないでください」とありますが、がんがん火に当てています(笑)。

シングルマグ450は「クッカー」としても使えるから、スープやラーメン作りにも最適。

しかも、使い込むごとに「キレイな焼き色」が出てきて、愛着がどんどん湧いてきますよ!

関連 【スノーピークチタンシングルマグをインプレ】デメリットまで徹底解説

【まとめ】チタンマグカップのメリット・デメリット

「チタンマグカップ」についてまとめます。

POINT

  • 軽く頑強な金属なので、一生モノのマグカップになる
  • ダブルマグは直火厳禁、お手入れにも注意が必要
  • スタッキングしたいなら、断然「スノーピーク」がおすすめ

楽天やAmazonでは、期間限定キャンペーンを実施中。

スノーピーク「チタンマグ」を手に入れるなら、今が最大のチャンスになっていますよ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。