【冬用】カヤックの服装はワークマン&ユニクロが最強?

カヤック 冬 服装

「冬のカヤックって、どんな服装をしたらいいの…」

「ワークマンやユニクロでの代用って、できないのかしら…」

冬にカヤックを楽しみたい時に欠かせないのが「服装選び」。

私も服装にこだわったおかげで、寒さを心配することなく快適にカヤックが楽しめています。

冬のカヤックの服装について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  • アウターがあれば、ウェットスーツでも十分暖かい
  • ユニクロやワークマンを活用すれば、お金もかからない
  • 寒さから身を守るには、グローブやシューズ選びも重要

ただ、服装を間違ってしまったために、トラブルに巻き込まれる人がいるのも事実…。

メーカーが教えてくれない、カヤックの服装の真実に迫っていくことにします。

冬のカヤックって、やっぱりドライスーツが必要なの?



冬のカヤックの服装は「ドライスーツ」?

冬 カヤック 服装

冬のカヤックの服装としては、「ドライスーツ」が最も安全です。

「ドライスーツ」とは

密着度の高いシール素材で出来た完全防水仕様のスーツ。

スーツ内に水が入ることがないので、落水しても体温を奪われることがありません。

安全性の高い「ドライスーツ」ですが、最大の難点は高すぎること。

1着5万円以上するのは当たり前で、高性能なドライスーツになると10万円を超える場合も…。

しかも、ドライスーツは溜まった水が抜けない点にも注意が必要。

万一ドライスーツ内に水が侵入すると、ドライスーツ自体の重さで沈んでしまって逆に危険性が増すことに…。

ドライスーツを着るなら、信頼のできるブランドで、使用方法をチェックした上で着用することが大切です。

POINT
単純に「ドライスーツ=安全」と考えるのは間違い。下手なドライスーツを着用するのが最も危険です。
ワークマンやユニクロを利用して、もっと安くすることはできないの?

冬のカヤックフィッシングの服装を「ワークマン」と「ユニクロ」でコーディネート

カヤック 冬 服装

落水にさえ注意していれば、ドライスーツ以外でも十分に冬カヤックを楽しむことが可能。

実際に私が着用して服装を紹介します。

  1. ウェットスーツ
  2. レインウェアに「ワークマン(イージス)」
  3. インナーに「ユニクロ(ヒートテック)」
  4. パドリングシューズに「ウェーダーブーツ」
  5. カヤックフィッシングなら「パームグローブ」
  6. 首元に「ネックウォーマー」

1 ウェットスーツ

ウェットスーツ

「ドライスーツ」に手が届かない場合は、「ウェットスーツ」の着用がおすすめ。

保温性を考えれば5㎜厚のウェットスーツの方が最適ですが、2・3㎜厚のウェットスーツでも十分に楽しめます。

海水温 気温

上の表からも分かる通り、冬のカヤックが寒いのは「海水温」ではなく「気温」が原因

いくらウェットスーツを厚くしても、濡れてしまうと気化熱で体温が奪われるのは同じ。

冬の寒さから身を守る場合、ウェットスーツの厚さよりも、インナーやアウターの方が重要になってきます。

2 レインウェアに「ワークマン(イージス)」

ワークマン

冬のカヤックでは、飛沫や風を防ぐ「レインウェア」が重要です。

私がいつも着用しているのが、ワークマンの「AGESIS(イージス)防水防寒スーツ」。

  • 体水圧:10000㎜
  • 透湿度:20000g/m2・24hr

という抜群の性能にも関わらず、上下セットでわずか4900円

強力防水に防寒性能もプラスされたオールマイティウェアなので、カヤック以外にも活躍しますよ!

3 インナーに「ユニクロ(ヒートテック)」

ユニクロ ヒートテック

ウェットスーツ専用の防寒インナーも販売されていますが、ユニクロ「ヒートテック」でも代用可能。

ヒートテックなら値段もリーズナブルで、化学繊維なので速乾性も問題なし

  • 上半身:ハイネック
  • 下半身:ロングタイツ

を選べば保温性が高まり、より一層防寒対策ができますよ!

ウェットスーツの下に着込むヒートテックは、ワンサイズ小さいものがおすすめです。

4 パドリングシューズに「ウェーダーブーツ」

冬のカヤックで特に重要なのが「シューズ」。

下半身を動かすことが少ないカヤックでは、最も寒さを感じる場所が「足」です。

様々なシューズを試してみましたが、1番のおすすめは「ウェーダーブーツ」。

膝上までカバーでき浸水する心配がないのが最大のメリットで、圧迫感もないので着け心地もいいですよ!

関連 【冬用】カヤックにおすすめのパドリングシューズはこれ!

5 カヤックフィッシングなら「パームグローブ」

カヤック グローブ カヤック グローブ

カヤックの場合、手元は必ず濡れてしまうので、グローブに「防水性」は意味なし

逆に、濡れても温かさを保てるウェットスーツ素材「ネオプレン」で出来たグローブが必要です。

ネオプレン素材のグローブも様々ありますが、特におすすめなのがサーフスカルの「パームグローブ」。

わざわざグローブを脱がなくても手を全部出すことができるので、細かい作業がしやすいのが特徴。

冬でも手はかなり発汗しますが、パームグローブなら蒸れることもないので、快適にカヤックが楽しめます。

パドルグリップもおすすめ

パドルグリップ

冬のカヤックで意外に冷たいのが「パドル」。

金属でできたパドルは熱伝導率が良いので、手の体温をすぐに奪ってしまいます。

手の熱を逃さないために必要なのが「パドルグリップ」。

柔らかい素材で出来ているので、手のひらにかかる圧力も和らげ、快適にパドリングできますよ!

6 首・頭に「ネックウォーマー」

ネックウォーマー カヤック 冬 服装

「ネックウォーマー」も、風による体温低下を防いでくれる上で欠かせないアイテム。

私の場合はネックウォーマーを2つ使用し、頭や顔全体をすっぽり覆ってカバーしています。

POINT
冬の寒さから身を守るには「防風」がポイント。ユニクロやワークマンの商品でも問題ありません。

【まとめ】冬用の服装があれば春・秋のカヤック・SUPも安心


冬のカヤックの服装についてまとめます。

POINT

  • アウターがあれば、ウェットスーツでも十分暖かい
  • ユニクロやワークマンを活用すれば、お金もかからない
  • 寒さから身を守るには、グローブやシューズ選びも重要

冬のカヤックで特に重要なのが「シューズ」。

足元を寒さから守ることで、冬でも快適にカヤックやSUPが楽しめますよ!

>>>【冬用】カヤックにおすすめのパドリングシューズはこれ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です