【カヤックのキールガードを自作】保護テープの船底保護では不十分!

カヤック傷補修・防止

「カヤックのキールカードって、どうしたら自作できるの…」

「保護テープで船底を守るのって、どうなのかしら…」

カヤックでも最も大事な部分が「キール(船底)」。

私も「自作キールガード」を取り付けてから、カヤックの傷を減らすことに成功しています。

自作キールガードについて、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  • カヤックの材質が「ポリエチレン」か「FRP」かによって、材料が違ってくる
  • カヤックの傷を補修する時に欠かせないのが「バスボンド」
  • 「補修テープ」より「プロテクトフィルム」の方が傷防止には有効

ただ、間違った「自作キールガード」のために、トラブルに遭う人がいるのも事実…。

メーカーが教えない、カヤックの傷補修・防止の真実に迫っていくことにします。

カヤックって、どの部分が傷つきやすいのかしら?




キールガードのないカヤックは、船底が傷だらけに

カヤック傷 ポリエチレンカヤック擦り傷

カヤックの材質は様々ありますが、フィッシングカヤックの多くはポリエチレン製

「ポリエチレンカヤック」とは

金型を使って機械生産できるので低価格で、粗い使い方にも強いのが「ポリエチレンカヤック」の特徴。

逆に、「FRP製」は量産ができないため高価で、傷がつきやすいのが特徴です。

岩がゴツゴツした「ゴロタ浜」から出艇してしまうので、出艇や引き上げの時にどうしても引きずってしまうことに…。

傷に強いはずの「ポリエチレンカヤック」でも、あっという間に船底(キール)が傷だらけになってしまいます。

POINT
船底は特に傷つきやすい場所。出艇場所によっては、すぐに穴が開いてしまうことも珍しくありません。

関連 【ディスカバリーコンパクトカヤックの評判・口コミは嘘】実際のレビューはどう?

修理するには、どんなアイテムが必要なの?

カヤックの「自作キールガード」に必要な材料

カヤック傷補修傷防止

私がキールガードの自作に使った材料は主に次の4つです。

自作キールガードの材料
  1. 紙ヤスリ(100均で購入)
  2. パーツクリーナー(ホームセンターで購入)
  3. バスボンドQ(シリコンコーキング)
  4. 車用プロテクションフィルム

「キール保護テープ(ゴリラテープ)」は弱い

カヤック傷防止

ブログなどを見てみると、ゴリラテープなどの「補修用テープ」を船底に貼る人もいます。

ただ、補修用テープは基本的に応急措置用

摩耗に弱いので、傷防止の効果はほとんどありません。

砂浜を少し引きずる程度であれば、補修用テープ(ゴリラテープ)でも問題ありません。

「より傷に強くしたい」と考えたどり着いたのが『車用プロテクションフィルム』。

摩耗に対する耐性が強く、フィルムなので船底の形状に合わせて加工できるのが特徴です。

海中にある岩にぶつかったぐらいでは破れることもありません。

FRPカヤックの修理には専用バスボンド

ポリエチレン製カヤックであれば、一般的な「バスボンド」で十分。

ただ、FRP製カヤックの粘着は苦手なので、専用のバスボンドを使うようにしてください。

POINT
緊急補修用テープなら「ゴリラテープ」がおすすめ。カヤックを楽しむ上で欠かせない人気アイテムです。
実際にはどうやって修理したらいいのかしら?

自作キールガードを使った「カヤック船底保護」の方法

キールガードの自作方法はとっても簡単で、次の5つのステップで完成です。

  1. 紙ヤスリで傷を整える
  2. パーツクリーナーで汚れを落とす
  3. バスボンドで傷穴を埋める
  4. プロテクションフィルムを貼っていく
  5. バスボンドで固まるまで放置する

1 紙ヤスリで傷を整える

カヤック傷補修

まずは紙ヤスリで擦り傷の周りにできた“ささくれ”を落としていきます。

キレイに整えようとするとカヤック自体を傷つけてしまうので、おおざっぱで十分です。

2 パーツクリーナーで汚れを落とす

カヤック傷補修

“削りカス”や“油汚れ”を落とすために、パーツクリーナーを振りかけます。

パーツクリーナーをふりかけた後、使い古しのタオルで拭き取るとキレイになりますよ。

3 バスボンドで傷穴を埋める

カヤック傷補修

「傷の穴埋め+プロテクションフィルムの粘着」の目的で、バスボンドを塗っていきます。

プロテクションフィルムとの隙間を埋めるためにも、たっぷり塗るようにしてください。

カヤック傷補修

バスボンドが手に付くとベタベタしてしまうので、プロテクションフィルムの“ハケ(付属品)”を使うのがおすすめです。

4 プロテクションフィルムを貼っていく

カヤック傷防止 カヤック傷補修

空気が入らないように、丁寧に「プロテクションフィルム」を貼っていきます。

バスボンドで固まるまでに時間がかかるので、ゆっくり作業しても問題ありません。

キールの形状によってはどうしても隙間が出来てしまうので、バスボンドで埋めてください。

5 バスボンドで固まるまで放置する

カヤック傷防止

バスボンドで固まるまで、船底を上に向けて置いておきます(半日程度)。

見た目はかっこよくありませんが、使用時は水に浸かって見えないので問題なし。

「バスボンド+プロテクトフィルム」のダブルクッションなので、傷防止効果は抜群ですよ。

POINT
材料費は2000円ほどで、作業時間も30分たらず。特別な技術もいらないので、誰でもマネできますよ!

【まとめ】「自作キールガード」ならカヤックの傷修理+補修にもなる


「自作キールガード」についてまとめます。

POINT

  • カヤックの材質が「ポリエチレン」か「FRP」かによって、材料が違ってくる
  • カヤックの傷を補修する時に欠かせないのが「バスボンド」
  • 「補修テープ」より「プロテクトフィルム」の方が傷防止には有効

「プロテクションフィルム」と「バスボンド」の組み合わせはかなり強力

よほど強く引っ張らないと剥がれることはないので、傷で悩んでいるならおすすめですよ!