【ヤマハシースタイルの料金は高い?】実際の燃料代や費用を徹底調査

ヤマハシースタイル料金

「シースタイルを利用するためには、どんな費用が必要になるの…」

「燃料代が心配なんだけど、どれくらいの金額になるのかしら…」

気軽にレンタルボートを楽しみたい方に人気なのが「ヤマハ シースタイル」。

私も実際に「シースタイル」を利用していて、リーズナブルな料金で釣りを楽しんでいます。

「シースタイル」の料金について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  • レンタル代とは別に「燃料代(5000円ほど)」が別に必要
  • 入会金を安くしたいなら、キャンペーンを利用するのがおすすめ
  • 途中退会しても、月会費(年会費)の返金はなし

ただ、「シースタイル」を利用したために、料金トラブルに巻き込まれている人がいるのも事実…。

公式サイトでは分からない、「シースタイル」の料金システムに迫っていくことにします。

「シースタイル」を利用すると、どれくらいのお金がかかるのかしら?



ヤマハ「シースタイル」の料金システム

ヤマハシースタイル料金

「シースタイル」を利用するには、基本的に次の3つの費用が必要になってきます。

  1. 入会金・月会費(年会費)
  2. 燃料代
  3. レンタル代

1 「シースタイル」の入会金と年会費

ヤマハシースタイル入会料金

シースタイルには6つのコースがあり、それぞれの「入会金」・「月会費」は次の通り。

シースタイル入会金:2万2000円
月会費:3300円
シースタイルライト入会金:2万2000円
月会費:無料
シースタイルジェット入会金:2万2000円
月会費:1650円
法人会員入会金:1万1000円~
年会費:5万5000円~
団体会員入会金:6万6000円
年会費:6万6000円~
家族会員入会金:2万2000円
年会費:6万6000円

月会費については後月払い制。

2ヶ月ごとに、2ヶ月分の月会費(6600円)を指定口座から引き落とすことになっています。

ちなみに、入会金を安くしたいなら「キャンペーン」を利用するのがおすすめです。

関連 【ヤマハシースタイルが入会金無料?】キャンペーンの実態を徹底解説

2 「シースタイル」のレンタルボート代

ヤマハシースタイル

シースタイルでは、20種類以上のレンタルボートを用意。

船の種類
  • ボート(20種類)
  • スポーツボート(3種類)
  • マリンジェット(3種類)

船の種類だけでなく、「利用時間」や「シーズン」によっても、レンタル代が違ってきます。

ボートのレンタル代

ヤマハシースタイル レンタルボート
ベイフィッシャー20

シースタイルで最もリーズナブルな船が「ベイフィッシャー20」。

最新の「GPS魚群探知機」が付いているので、釣りを手軽に楽しみたい方に人気の機種です。

横にスクロールできます⇒

利用時間シーズン平日土日祝
3時間6~9月5600円7900円
10~5月4500円6800円
6時間6~9月9100円1万1300円
10~5月7900円1万0200円
超過/1時間1500円2300円

スポーツボートのレンタル代

ヤマハシースタイル スポーツボート
スポーツボート「AR190」

クルージングをより楽しみたいなら、高馬力のエンジンを積んだスポーツボートがおすすめ。

シースタイルでは、「AR190」が最もリーズナブルな船になっています。

横にスクロールできます⇒

利用時間シーズン平日土日祝
3時間6~9月1万6900円2万0400円
10~5月1万4800円1万6900円
6時間6~9月2万3700円3万0600円
10~5月2万1500円2万7200円
超過/1時間4900円5600円

マリンジェットのレンタル代

ヤマハシースタイル マリンジェット
MJ-EX Deluxe

シースタイルでは3種類のマリンジェットを配備していますが、最もリーズナブルなのが「MJ-EX Deluxe」になっています。

横にスクロールできます⇒

利用時間シーズン平日土日祝
3時間6~9月1万2200円1万4500円
10~5月1万0200円1万2200円
6時間6~9月2万1600円2万3900円
10~5月1万9100円2万1600円
超過/1時間6100円

3 「シースタイル」の燃料代

燃料

「シースタイル」を利用する時には、次の費用も必要になってきます。

見落としがちな料金
  • 駐車料金
  • 施設使用料
  • 燃料代

「駐車料金」や「施設使用料」が無料のホームアリーナもあります。

「シースタイル」では、レンタルした船を返却した後に消費した燃料代を払うのが原則。

燃料代は、

  • ガソリン価格
  • エンジン
  • 走行コース

などに左右されますが、1日の目安は次の通りです。

船のサイズ消費量燃料代
17フィート32L4000円~5000円
25フィート40L5000円~6000円
POINT
実際に船を利用する時には、レンタル代に加えて「燃料代(1日5000円ほど)」が必要です。

関連 【ヤマハシースタイルの評判は嘘】実際に釣りをして徹底検証

実際に「シースタイル」を利用すると、どれくらいのお金になるのかしら?



ヤマハ「シースタイル」で釣りをした料金や費用を公開

ヤマハシースタイル
「ベイフィッシャー20」

私が釣りの時によく利用するのが「ベイフィッシャー20」。

「ベイフィッシャー」の特徴
  • 4ストローク船外機「F50」が付いているので、軽快なスピードで湾岸を釣行できる
  • フラットなデッキなので、フィッシングスペースを確保しやすい
  • 大容量の収納スペースがあるので、大量の釣り道具もジャマにならない

「ベイトフィッシャー」で6時間の釣行をした時の利用料金は次の通り。

ヤマハシースタイル 料金
レンタル費用7900円
施設使用料500円(1人)
ガソリン代金1912円
合計1万0362円

湾内での釣りであれば燃料代の消費も少ないので、1万円前後で1日中釣りを楽しむことが可能です。

POINT
安いボートを借りれば、1日1万円ほどで楽しむことが可能。友達と一緒なら「人数割り」ができるので料金が気にならなくなります。
シースタイルの利用料って、他のレンタルボートに比べてどうなのかしら?

【ヤマハシースタイルの料金は高い?】釣り船のレンタル料金を比較

ヤマハシースタイル 安い

レンタルボートとしては「スズキマリン」も有名。

そこで、「ヤマハ シースタイル」と「スズキマリン」の内容を比較すると、次のようになりました。

項目シースタイルスズキマリン
入会費2万2000円1万円
月会費3300円3000円
レンタル代4500円~5000円~
燃料費必要必要
船の種類26種類12種類
マリンジェット×
ホームマリーナ140か所4か所
定期縛りなしあり

「レンタル代」や「月会費」はほとんど変わりませんが、入会金は「スズキマリン」の方がお得。

ただ、「船の種類」や「ホームマリーナの数」ではシースタイルが圧倒的。

また、「スズキマリン」は最低6か月以上の入会継続が条件なので、慎重に判断して入会してください。

POINT

  • 全国どこでも気軽に楽しみたいなら「シースタイル」
  • 一部の地域のみでの利用なら「スズキマリン」
料金以外のサービスって、どんな内容になっているのかしら?

ヤマハ「シースタイル」の注意点

ヤマハシースタイル

「シースタイル」によく寄せられる疑問点と回答は次の通りです。

1 入会金を無料にする方法はないの?

残念ながら、シースタイルの入会金を無料にする方法はありません。

ただ、「シースタイル」では入会キャンペーンを実施中。

条件を満たして入会すれば、1万円分の利用券がプレゼントされるようになっています。

関連 【ヤマハシースタイルの入会キャンペーン情報】ジェットだとさらにお得?

2 予約が取れないことはあるの?

「シースタイル」では、それぞれのマリーナで十分な数の船を用意しています。

ただ、土日祝イベントと重なった時は、予約が取りにくくなることも…。

休みの日に「シースタイル」を利用したいなら、

  • 1ヶ月前の予約開始日に申し込む
  • 近くにある別のマリーナを利用する

などの対策が有効です。

関連 【ヤマハシースタイルの予約ガイド】取れない・キャンセル不可って本当?

3 退会をしたい時はどうしたらいいの?

ヤマハ「シースタイル」を退会するには、次の2つのステップを踏む必要があります。

シースタイルの退会方法
  1. ヤマハ「マリンホットライン」に電話し、『退会届』を取り寄せる
  2. 届いた『退会届』に必要事項を書き込み、「シースタイル(事務局)」に提出する

注意して欲しいのは、退会しても返金はされないこと。

「月割り」のシステムがないので、途中解約する場合は慎重に判断してください。

関連 【ヤマハシースタイルの退会方法は1つだけ】返金の注意点とは?

4 再入会はできるの?

一度退会しても、「シースタイル」に再入会することは可能。

ただ、再入会時にも同じ金額の入会金をもう一度支払う必要が出てきます。

【まとめ】ヤマハ「シースタイル」の料金は安い!


ヤマハ「シースタイル」の料金システムについてまとめます。

POINT

  • レンタル代とは別に「燃料代(5000円ほど)」が別に必要
  • 入会金を安くしたいなら、キャンペーンを利用するのがおすすめ
  • 途中退会しても、月会費(年会費)の返金はなし

「シースタイル」なら、140か所のマリーナ20種類以上の船舶を利用可能。

他のレンタルボートサービスように継続条件がないので、気軽に入会できますよ。

 

>>>【ヤマハシースタイルの入会キャンペーン情報】ジェットだとさらにお得?




参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。