【22サハラをインプレ】4000XGの評価は最悪って本当なの?

22サハラ

「22サハラは最悪って聞いたけど、どうしてなの…」

「21ナスキーと比べて、どんな違いがあるのかしら…」

エントリー機種として高い評価が受けているのが「22サハラ」。

私も「22サハラ」を愛用していて、シーバス・青物を軽々と釣り上げることに成功しています。

「22サハラ」について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  • 「サイレントドライブ」など、上位機種並みの技術特性を搭載
  • 注意すべきは「ワンピースベール」ではなく、ラインローラーの回転性能
  • 「防水性能」や「巻き心地」を重視するなら『21ナスキー』がおすすめ

ただ、「22サハラ」を使ったために、ライントラブルに悩まされている方がいるのも事実…。

公式サイトでは分からない、「22サハラ」の真実に迫っていくことにします。

「22サハラ」って、どんなリールなの?



目次

シマノリール「22サハラ」とは

シマノリール「サハラ」は、高いコストパフォーマンスで人気のスピニングリール。

実売価格7000円ほどのお手頃価格ながら、熟練アングラーも納得のスペックに進化。

先代「サハラ」が発売されたのは2017年なので、5年ぶりのモデルチェンジになっています。

「22ナスキー」の主な特徴
  • HAGANEギア採用で、ハードな使用にも対応
  • サイレントドライブが初搭載され、リールの安定感が向上

仕様が一新されたことで、初心者からベテランまで、さらに幅広いアングラーに満足してもらえるリールに生まれて変わっています。

「22サハラ」の基本情報

販売元シマノ
ラインナップ500番~5000番
ベアリング数3~4
自重170g~305g
定価8700円~1万0500円
発売日2022年3月~
公式サイトhttps://fish.shimano.com/ja-JP
実際に「22サハラ」を使っている人は、どう思っているの?

「22サハラ」の口コミを大公開

22サハラ

実際の「22サハラ」を使用している方の声を聞くと、良い口コミ悪い口コミの両方が…。

両方の口コミを包み隠さず明らかにしていきます。

「21ナスキー」には及ばない(悪い口コミ)

実際に「21ナスキー」と「22サハラ」を巻き比べてみましたが、やっぱり「21ナスキー」の方が上かな。

同じ「サイレントドライブ」でも、部品の違いからか、「21ナスキー」の滑らかさには及びません。

後、最近のリールにしては少し重め

1日投げ倒すことを考えたら、もっと軽いリールを選んだ方がいいかもしれません。

ショアジギングで青物ゲット(良い口コミ)

ショアジギング用に「4000XG」を購入しました。

さっそく使用してみたら、いきなり80㎝6㎏のブリをゲット。

やり取りに不安な点もなく、ショアジギングで青物と格闘でも全く問題なし。

耐久性は分かりませんが、価格を考えたら使用感は抜群だと思いますよ!

巻き心地が滑らか(良い口コミ)

7000円で「ねじ込み式ハンドル」と「サイレントドライブ」が付くなんて、信じられない進化。

実際に巻いてみましたが、あまりにシルキーな巻き心地で、今までの中級リールと変わらないレベル。

安いだけにガンガン使えるので、出番がめちゃくちゃ増えそうです。

ライントラブルもありません(良い口コミ)

購入して半年が経ったのでインプレ。

5kgのブリ・63cmのマダイ・1.5kgのアオリイカも楽勝で、とっても快適に釣りが出来ています。

心配していたライントラブルも一切無く、安心して釣りを楽しめますよ!

ベアリングを追加したら「化け物リール」(良い口コミ)

上位機種に比べるとベアリングの数が少ないので、さっそくフルベアリング化。

ラインローラーにベアリングを追加しましたが、正直言って「ヤバイ!」の一言。

SW機は別としても、中級リールは必要ないレベルに進化しますよ!

「22サハラ」はSNSでも評判

「22サハラ」は、TwitterなどのSNSでも評判を集めています。

十分過ぎる性能(良い評判)

軽くて巻きやすい(良い評判)

青物にも十分な性能(良い評判)

コスパ最高のリール(良い評判)

POINT

  • 上位機種にも劣らない高い性能を実現したのが「22サハラ」
  • 巻き心地が滑らかで、熟練アングラーからも絶賛
「22サハラ」って、どんな所が進化したのかしら?

「22サハラ3000HG」をインプレ

22サハラ

私が購入したのは、シーバス用に「サハラ3000HG」。

実際に「サハラ3000HG」を使ってみて分かったことは次の8つです。

  1. 落ち着いたデザイン
  2. グラつきのない「ねじ込み式ハンドル」
  3. 「サイレントドライブ」で滑らかな巻き心地
  4. 防水性能は高くない(コアプロテクトなし)
  5. ワンピースベールではない
  6. 改造するなら「ベアリング追加」
  7. 重さは標準的
  8. ドラグ性能は十分

1 落ち着いたデザイン

サハラ

前作「17サハラ」は黒を基調としたゴールドが目立つデザイン。

22サハラ 22サハラ 22サハラ

対して、「22サハラ」はゴールドの割合が減り、落ち着いた印象に。

サハラ

「17サハラ」は嫌な黒光りをしていましたが、「22サハラ」はマットなブラック色

ハンドルやスプールには黒みがかったシルバー色になっていて、より細部までこだわったデザインに。

22サハラ

ドラグノブもしっかり塗装されていて、以前のようなチープさを感じなくなっています。

ラインストッパーも改良

サハラ
17サハラのラインストッパー
22サハラ
22サハラのラインストッパー

細かい点ですが、ラインストッパーも変更。

以前よりスムーズにラインが挟めるように改良されています。

2 グラつきのない「ねじ込み式ハンドル」

22サハラ 22サハラ

「22サハラ」でまず驚いたのは『ねじ込み式ハンドル』が採用されたこと。

先代「17サハラ」を始め、安いエントリーモデルは『供回り式ハンドル』が通例でした。

「ねじ込み式ハンドル」の場合、リール本体に直接取り付けられるので‟ガタツキ”が少ないのが特徴。

ガタツキが少ないことで感度も倍増するので、魚の‟あたり”を釣果に結び付けることが可能になります。

逆回転レバーも搭載

22サハラ

22サハラでは「逆回転レバー」も搭載しています。

「逆回転レバー」があると、ドラグの代わりにローターを逆転させてやりとりできるので、不意な大物にも安心です。

ただ、「22サハラ」のドラグ性能は格段に進化していて、「逆回転スイッチ」の必要性がなくなってきているのが実態…。

実際、ダイワもシマノも上位機種では逆回転レバー廃止の方向なので、あまり出番はないかもしれません。

3 「サイレントドライブ(HAGANEギア)」で滑らかな巻き心地

22サハラ

「22サハラ」は外観だけでなく、内部構造までこだわって作られているのが特徴。

特に驚くのは、上位機種限定だった「サイレントドライブ」と「HAGANEギア」が搭載されたこと。

POINT
  • サイレントドライブ:滑らかな回転性能と静かな巻き心地
  • HAGANEギア:耐久性に優れ、硬度が高く粘り強いギア

つまり、エントリーモデルながら‟滑らかさ”と‟強度”を両立したリールが「22サハラ」となっています。

4 防水性能は高くない(コアプロテクトなし)

22サハラ 22サハラ

「22サハラ」には、『コアプロテクト』や『Xプロテクト』と言った防水効果を高める機能はなし。

ドラグノブにもウォーターブルーフ機能がないので、隙間からの水の侵入を完全には防げません。

ただ「防水機能が無い」と言っても、海水での使用も全然OK。

海水を多く被るようなロックショアでもない限り、何の問題もなく使えますよ!

5 ワンピースベールではない

22サハラ

「22サハラ」は、ワンピースベールではなく『2ピースベール』。

「2ピースベール」とは

ラインローラーとローターが2つの部品に分かれているベールのこと。

2ピースベールになると「ベールの継ぎ目」が出来てしまうので、ラインがひっかかる心配が出てきます。

ラインが引っかかった状態で巻くと、擦れによる痛みが生じてしまい、キャスト時にラインが切れてしまうことも…。

ただ、今まで「2ピースベール」でトラブルが発生した経験は一度もなし。

普通に使う分には何の問題もないので、過度な心配は無用です。

6 改造するなら「ベアリング追加」

22サハラ
ラインローラーにベアリングなし
22サハラ
ハンドルノブにもベアリングなし

22サハラ」の場合、上位機種と比較すると「ハンドルノブ」と「ラインローラー」にボールベアリングが入っていません。

ボールベアリングの役割

シャフトの摩擦を軽減させ、滑らかな回転を維持します。

特に注意すべきは、ラインローラーの回転性能

ラインローラーの回転性能が悪くなると、

  • 糸ヨレが発生しやすくなる
  • 高い負荷がかかると、ラインが傷んでしまう

などのトラブルが発生する原因に…。

ベアリングの追加は簡単にできるので、気になるなら個人で改良してみてください。

7 重さは標準的

22サハラ

「3000HG」の自重は240g

スペック表ぴったりの重さで、1gも変わらない精密さがシマノリールの特徴です。

ただ、「3000番で240g」はエントリー機種としては標準的。

決して軽いとは言えず、軽さを求めるならダイワの「レブロス」や「レガリス」などの他社リールがおすすめです。

逆に言えば、軽さよりも性能(頑強さ)を重視したリールが「22サハラ」なので、長く使い続けたい人には最適ですよ!

8 ドラグ性能は十分

22サハラ

「22サハラ」は、エントリークラスの機種としては十分なドラグ性能。

ただ、上位機種に比べると、最初の出初めにスムーズさが欠けるのも事実です。

上位機種になるほどドラグがスムーズで、急に強い負荷がかかっても一定速でラインが出ていきます。

ドラグ音に関しては、小さくもなく・大きくもなく程よい感じ

ドラグ音は好みの問題がありますが、風が強い日でも釣行の妨げになるようなことはありません。

POINT
現行のエントリー機種としては最高レベル。上位機種の技術特性がふんだんに使われているので、満足すること間違いなしです。
「22サハラ」を購入するなら、どの番手を選んだらいいのかしら?

「22サハラ」のおすすめ番手

22サハラ

「22サハラ」には500番~5000番まで様々なサイズのリールがありますが、特に次の6つの番手がおすすめです。

  1. アジング特化なら「500番」
  2. ライトゲームなら「C2000SHG」
  3. エギングなら「2500SHG」
  4. シーバスなら「C3000HG」
  5. ライトショアジギングなら「4000XG」
  6. ショアジギングなら「C5000XG」

1 アジング特化なら「サハラ500番」

非常にコンパクトで軽いのが「500番」の特徴。

タックルが軽ければ余計な力が入らないので、感度が高くアタリがとりやすいのもメリットに。

ただ、糸巻き量が少なくパワー不足にもなりやすいので、慣れない方や大型アジを狙うなら「1000番」をおすすめします。

糸巻き量

ナイロン(号-m)1-150,1.5-90,2-70
フロロ(号-m)1-130,1.5-85,2-60
PE(号-m)0.6-185,0.8-140,1-110

2 ライトゲームなら「サハラC2000SHG」

シマノ サハラ C2000SHG 22年モデル スピニングリール

ライトゲームで中心となる「2000番」は、エサ釣り・ルアーの両方で活躍。

2000番に適した釣り方

アジング・メバリング・ロックフィッシュ・トラウト・サビキ・チョイ投げ など

「2000番」は小型で軽量なので、女性や子供も扱いやすいのが魅力の1つです。

しかも「HG(ハイギア)仕様」なら高速巻き上げが可能になり、手返し良くポイントを撃つ釣りに最適。

「S(シャロースプール仕様)」なら通常のスプールより浅溝で細いラインを巻くことができる、ドラグ性能も落とさずに釣りができます。

糸巻き量

ナイロン(lb-m)3-125,4-100,5-75
フロロ(lb-m)3-110,4-85,5-65
PE(号-m)0.6-150,0.8-110,1-80

3 エギングなら「サハラ2500SHG」

「2500番」のリールは、エギングを楽しむのに最適なサイズ。

なかでも、シャロースプールを搭載しているの「2500SHG」は特におすすめ。

エギングをオールシーズン楽しめる0.6号前後のPEを150~200mを巻くのにちょうど良いサイズになっています。

糸巻き量

ナイロン(lb-m)5-110,6-95,8-70
フロロ(lb-m)4-130,5-100,6-80
PE(号-m)0.6-200,0.8-150,1-120

4 シーバスなら「サハラC3000HG」

シーバスフィッシングを快適に楽しみたいなら「C3000HG」がおすすめ。

「HG(ハイギア仕様)」ならラインの回収が早くなり、手返しも良くなるのでメリット大。

また、「3000番」は小型から不意の大物にも対応できる万能リールなので、サイズに迷った時にもおすすめです。

糸巻き量

ナイロン(号-m)2.5-180,3-150,4-100
フロロ(号-m)2.5-160,3-130,4-100
PE(号-m)1-400,1.5-270,2-200

5 ライトショアジギングなら「サハラ4000XG」

ライトショアジギングを楽しみたいなら「4000XG」がおすすめ。

PE1.5号~PE2号を300mほど巻けるので、「投げ釣り」や「かご釣り」にも対応可能です。

ショアジギングでは高速で巻くことが求められるので、ノーマルギアよりも「XG(エキストラハイギア仕様)」を選ぶことが大切です。

糸巻き量

ナイロン(号-m)3.5-170,4-150,5-125
フロロ(号-m)3-190,4-145,5-115
PE(号-m)1-490,1.5-320,2-240

6 ショアジギングなら「サハラC5000XG」

根の荒い沖磯でショアジギングを楽しみたいなら「C5000XG」がおすすめ。

PEライン2号を300メートル巻くことができるので、カンパチやヒラマサ・ブリなどの大型青物にも強引なファイトが可能になってきます。

糸巻き量

ナイロン(号-m)4-190,5-150,6-125
フロロ(号-m)4-170,5-135,6-115
PE(号-m)1.5-400,2-300,3-200
POINT
ショアジギングで使うなら「XG(エクストラハイギア)」がおすすめ。サイレントドライブのおかげで、巻き出しもスムーズです。
「21ナスキー」も気になるんだけど、どう違うのかしら?

【22サハラvs21ナスキー】スペックの違いを比較

21ナスキー

エントリー機種としては、ワンランク上の「21ナスキー」も高い評価を受けていることで評判。

そこで「22サハラ」と「21ナスキー」を『4000XG』で比較すると次のようになります。

横にスクロールできます⇒

項目22サハラ21ナスキー
ギア比6.26.2
実用ドラグ力(最大)6㎏(11㎏)6㎏(11㎏)
重さ280g285g
ベアリング数
ハンドルねじ込み式ねじ込み式
HAGANEギア
サイレントドライブ
Xシップ
コアプロテクト×
フリーボディ
AR-Cスプール
ワンピースベール
定価9800円1万3900円

技術特性の違いは、「コアプロテクトが搭載されているか」だけ。

先ほど書いたように防水性能が少し弱いですが、淡水や堤防での釣りがメインなら「22サハラ」でも十分。

ただ、同じ「サイレントドライブ搭載」でも、巻き心地は「21ナスキー」が上。

「22サハラ」を巻いているとノイズが感じられるので、リールとしての完成度では「21ナスキー」に劣るのが現実です。

関連 【22サハラvs21ナスキー】スペック表では分からない点を徹底比較

「22サハラ」とダイワ「レブロス」の違いを比較

ダイワレガリス

ナスキーのライバル機種とも言える存在がダイワ「レブロス」。

そこで、「ナスキー」と「レブロス」を4000番のリールで比較すると次のようになります。

横にスクロールできます⇒

項目サハラレブロス
重さ280g255g
デザインブラックブラック
ベアリング数
ハンドルねじ込み式供回り式
ギアHAGANEギアタフデジ
ギア
防水性能なしなし
定価9800円1万0300円

レブロスが発売されたのは2020年だったこともあり、性能面では圧倒的に「22サハラ」が優勢。

ただ、重さで見ると「レブロス」の方が20~30gほど軽量。

「レブロス」は軽量化にこだわったリールなので、軽さを最重要視するなら「レブロス」がおすすめです。

POINT
1万円以下のリールなら「22サハラ」が№1。必要に応じて「ナスキー」や「レブロス」を選ぶのが正しい選択方法です。
「21ナスキー」って、どこが買うのが1番お得なの?

「22ナスキー」はAmazon価格が最安値

22サハラ

どうせなら、少しでもお得に「22サハラ」を手に入れたいですよね!

そこで、「22サハラ」の販売店と値段を調査してみました。

横にスクロールできます⇒

販売店5001000C2000SC2000SHG25002500HGC3000C3000DHC3000HG40004000XGC5000XG
定価8700円8700円8700円8700円9300円9300円9300円9300円9300円9800円9800円1万0500円
Amazon6500円6201円6666円6700円6860円6900円6625円7100円6874円7081円7159円
楽天市場6980円6790円7020円7100円6940円7010円6960円7350円7340円7560円7850円
Yahoo!ショッピング7010円6530円6980円7050円7030円70005円7010円7280円7290円7430円7700円

どの番手でもAmazonが最安値

しかも、プライム会員なら送料無料で手に入るので、さらにお得に購入できますよ!

中古(メルカリなど)は偽物に注意

22サハラ

メルカリやヤフオクを利用すると、「22サハラ」の中古品を購入することは可能です。

ただ、

  • 偽物が多く出回っている
  • “傷”や“傷み”があり使用できない
  • 多額の送料を請求される

などトラブルが続出しているので、必ず正規品を購入するようにしてください。

POINT
基本的にはamazonが最安値。ポイントを稼ぎたいなら、楽天での購入がおすすめです。

【まとめ】シマノリール「22サハラ」の評価


「22サハラ」についてまとめます。

POINT

  • 「サイレントドライブ」など、上位機種並みの技術特性を搭載
  • 注意すべきは「ワンピースベール」ではなく、ラインローラーの回転性能
  • 「防水性能」や「巻き心地」を重視するなら『21ナスキー』がおすすめ

楽天やAmazonでは、期間限定キャンペーンを実施中。

「21ナスキー」や「22サハラ」を手に入れるなら、今が最大のチャンスになっていますよ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です