【アトムグリーンマスターの口コミは嘘】長靴のサイズ感まで徹底レビュー

アトムグリーンマスター

「グリーンマスターのサイズ感って、どうなっているの…」

「浸水するって聞いたけど、大丈夫なのかしら…」

作業用長靴として今最も注目されているのがアトム「グリーンマスター」。

私も「グリーンマスター」を愛用していて、農作業だけでなくアウトドアにも大活躍しています。

「グリーンマスター」について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  • オシャレで機能性も抜群なので、タウンユースにも最適
  • 防水性能が高く保温性もあるので、“釣り”や“カヤック”にも使える
  • 伸縮性のある素材なので、どんな足の形にもフィットしてくれる

ただ、「グリーンマスター」を使ったために、トラベルに遭う人がいるのも事実…。

公式サイトでは分からない、「グリーンマスター」の真実に迫っていくことにします。

最近よく聞く「グリーンマスター」って、どんな商品なのかしら?



目次

アトム「グリーンマスター」とは

「グリーンマスター」とは、アトム社が販売する農作業やガーデニングに特化した長靴のこと。

「グリーンマスター」は、

  • 軽く動きやすい長靴
  • 長時間履いても疲れない長靴
  • 冬でも使える暖かい長靴

など、今までの長靴の欠点をカバーすることに成功。

また、優れたデザイン性も評判で、レジャーやアウトドアなどのタウンユースにも幅広く使える機能的なブーツになっています。

「グリーンマスター」の基本情報

販売元アトム株式会社
品番2620
サイズSS:22.0~22.5㎝
S:23.0~24.0㎝
M:24.5~25.5㎝
L:26.0~27.0㎝
LL:27.5~28.0㎝
3L:28.5~29.0㎝
カラー3色
(エンジ・グリーン・グレー)
素材本体:合成ゴム・ナイロン・ポリエステル
ソール・補強:天然ゴム
バックル・ベルト:プラスチック・ナイロン
定価7678円
公式サイトグリーンマスター
実際に「グリーンマスター」を使用した人って、どう思っているの?

アトム「グリーンマスター」の口コミ

アトムグリーンマスター口コミ

実際に「グリーンマスター」を利用している人の声を聞くと、良い口コミ悪い口コミの両方が…。

両方の口コミを包み隠さず明らかにしていきます。

山野での使用には向かない(悪い口コミ)

狩猟で川を渡ることが多いので、軽くて歩きやすそうな「グリーンマスター」を購入してみました。

しなやかで履き心地は良かったんですが、素材に“タフネスさ”はなし。

茂みに入るとすぐに傷がつくし、ソールが薄いから岩場は足が痛くなります。

ライトな水作業用なら素晴らしいアイテムだと思いますが、山野でのハードな使用には使えませんでした。

満足すること間違いなし(良い口コミ)

アウトドア雑誌で特集されていたので、気になって購入してみました。

実際に使ってみてまず驚くのは「軽さ」。

ウェットスーツみたいな伸縮性のある素材だから、フィット感があり、長時間歩いても全然疲れません。

一度でも「グリーンマスター」を使用すると、普通の長靴には戻れないと思いますよ!

野外フェスに使用(良い口コミ)

野外フェス用に長靴を探していたんですが、普通のレインブーツだとあまりにダサくって…。

そこで購入したのが「グリーンマスター」。

見た目が可愛いのはもちろんなんですが、使用感もよく、機能性も全く問題なし。

キャンプやレジャーなど、アウトドア好きなら持っていて損はない逸品だと思います。

堤防での釣りには最適(良い口コミ)

磯場での使用は無理ですが、堤防やサーフでは「グリーンマスター」が最適。

防水機能は文句なしだし、脱ぎ履きしやすいのも重宝しているポイントかな。

軽くブラシでこすれば汚れが落ちるので、メンテナンスも簡単ですよ!

アトム「グリーンマスター」はSNSでも評判

「グリーンマスター」はTwitterなどのSNSでも評判を集めています。

田靴なら「グリーンマスター」でしょ(良い評判)

夫婦でグリーンマスター(良い評判)

アウトドアにも最適(良い評判)

レインブーツなのに疲れない(良い評判)

POINT
オシャレなだけじゃなく機能性も十分。女性の愛用者も急増中です。

アトム「グリーンマスター」のインプレレビュー

グリーンマスター

グリーンマスターが注目を集める理由は次の6つです。

  1. おしゃれなデザイン性
  2. 歩いても疲れない
  3. 耐久性も合格
  4. 浸水する心配もない
  5. 軽量で収納性も抜群
  6. 洗い方(お手入れ)も簡単

1 おしゃれなデザイン性

グリーンマスター

グリーンマスターが注目を集めるきっかけになったのは、長靴とは思えないデザイン性。

普通の長靴を履いてしまうと“ダサさ”が全開になりますが、「グリーンマスター」ならオシャレにうるさい女性も満足すること間違いなし。

カラーも3色を展開しているので、服装に合わせてコーディネートすることも可能に。

グリーンマスター

グリーンマスターは業界での評価も高く、2014年にグッドデザイン賞を受賞しています。

ちなみに、グッドデザイン賞の審査委員の評価は次の通り。

グリーンマスターの評価

今までの作業用長靴をイメージを覆したデザインに好感を抱いた。

ウェットスーツに用いられる防水性を保ちながら、軽く柔らかい。

グリップ性も向上していて、本体に伸縮性もあるので、脱ぎ履きも容易にしている点も評価できる

出典:グッドデザイン賞

つまり、機能性を失うことなく、デザイン性にまで気を配った長靴が「グリーンマスター」という訳です。

2 歩いても疲れない

グリーンマスター

一般的な作業用長靴はビニール製ですが、グリーンマスターは素材に「特殊ゴム(SBR)」を採用。

「SBR」とは

弾性・強度特性・耐磨耗性・耐老化性に優れているゴム素材。

車のタイヤやウェットスーツなど、様々な用途で使用されています。

足の形に合わせてフィットしてくれるので、誰にでも快適な履き心地を実現してくれています。

グリーンマスター グリーンマスター グリーンマスター

「グリーンマスター」を履いて特に感動するのが、しゃがむ姿勢を取った時。

足首が自由に曲がり固定されないので、長時間歩いていても疲れることがありません。

グリーンマスター

しかも、グリーンマスターには「ずり落ち防止ベルト」付き。

ガンガン歩いてもズレ落ちることがないので、キャンプやアウトドアにも大活躍すること間違いなし。

グリーンマスター

ベルトを絞ることで足との隙間もなくなるので、石や土・泥などの汚れが中に入ってこないのもポイントです。

3 耐久性も合格

グリーンマスター グリーンマスターq

長靴で特に破れやすい箇所が「つま先」と「かかと」。

グリーンマスターでは「つま先」と「かかと」の部分を、厚手のゴムで2重補強されているので、耐久性も問題なし。

グリーンマスター

グリーンマスターは伸縮性のあるゴム素材を採用しているので、劣化にも強いのが特徴。

安いビニル製長靴でよく起こる「裂ける・割れる」という事態もありません。

かわいい見た目とは裏腹に、想像以上にタフな作りになっていますよ!

冬場も寒くない

グリーンマスター

普通の長靴はビニル素材なので、冬場は冷たく、作業が辛くなりがち…。

対して、グリーンマスターはウェットスーツ素材なので保温性も〇。

足にフィットし熱が逃げにくい構造にもなっているので、冷えに悩む人には特におすすめです。

4 浸水する心配もない

グリーンマスター 浸水

「グリーンマスター」はウェットスーツ素材を採用しているので、防水性も抜群。

グリーンマスター

縫製部分の裏側も丁寧に止水対策がされているので、生地と生地の隙間から水が漏れる心配もなし。

実際、農作業や釣りなど様々場面で使用していますが、中に水が侵入したことは一度もありません。

ソールも滑りにくい

グリーンマスター

グリーンマスターでは、アトム社の独自ソールを採用。

靴底に小さな溝がたくさん刻まれているので、グリップ力にも優れ、多少足場の悪い場所でも不安なく歩くことが可能に。

ヒールのないフラットな靴底なので、芝などを痛める心配もなく、自然にも優しい機能的ブーツになっています。

5 軽量で収納性も抜群

グリーンマスター

グリーンマスター(片足)の重さは約480g。

一般的な作業用長靴の半分ほどの重量で、スニーカーと同じぐらいの重さしかありません。

しかも足にフィットする分、実際に履いて歩いてみるとさらに軽く感じます。

グリーンマスター

しかも、素材の特性を生かして、小さく丸めて収納できるのもポイント。

コンパクトになる分だけ持ち運びもしやすくなり、旅行やちょっとしたお出かけにも、気軽に持って行くことができますよ!

6 洗い方(お手入れ)も簡単

グリーンマスターのお手入れは簡単で、表面についた泥や汚れはスポンジで水洗いするだけ。

汚れが酷い場合は、家庭にある中性洗剤(食器洗い洗剤)をスポンジに付けて優しくこするだけで、驚くほど汚れが落ちます。

固いタワシで洗うと傷つくことがあるので注意。漂白剤入りの洗剤もNGです。

洗い終わったら、乾いたタオルでサッと拭き取り、陰干ししておくだけでOKです。

POINT
長靴が苦手な人に愛させるシューズが「グリーンマスター」。実際に履くと、感動すること間違いなしです。
逆に、グリーンマスターに欠点はないのかしら?

田植え用長靴「グリーンマスター」のデメリット

グリーンマスター

「グリーンマスター」を購入する時の注意点は次の2つです。

  1. 夏場は蒸れる
  2. 靴底が薄い

1 夏場は蒸れる

グリーンマスター 蒸れる

フィット性の高い防水長靴なので、一般的なレインブーツよりも蒸れてしまうのは事実です。

また、防水性能が高い分だけ、中に水が入ってしまった時に乾きにくいのもデメリット。

夏場に使用するなら、ショートタイプの「グリーンマスター」がおすすめです。

上の写真のよう上部を折り畳んで使用すると、ロングタイプでも少し涼しくなります。

2 靴底が薄い

グリーンマスター

グリーンマスターは柔軟性を重視した設計なので、一般的なレインブーツより靴底が薄め。

ヒール部分もないので、特にかかと部分の擦り減りには要注意。

毎週のように使う人なら、2~3年に1回は買い替えるのが安全です。

POINT
靴底の“擦り減り”には要注意。滑りやすく感じたら買い替えのサインです。
磯釣りにも、グリーンマスターは使えるのかしら?

アトムグリーンマスターは「釣り」や「カヤック」でも人気

グリーンマスター 釣り

農作業だけでなく、「釣り」や「カヤック」でもグリーンマスターは活躍。

ただ、「グリーンマスター」が不向きな釣り場には注意してください。

渓流・バス釣りには△

グリーンマスター

渓流やバス釣りでは、起伏の激しい地形を歩き続ける“渓流釣り”では、柔らかい素材の靴が最適。

ただ、「グリーンマスター」だと

  • 底が薄いので、水中にある尖った岩など穴が空いてしまう
  • 素材に頑強さがないので、茂みなどですぐに傷ついてしまう

など、耐久性については不安…。

タフな状況で使う場合は、渓流用の「ウェーディングシューズ」の方がおすすめです。

テトラや磯での釣りには×

グリーンマスター 釣り

テトラや磯場での釣りでは「滑らない靴」が最重要。

苔に覆われた岩場は思った以上に滑りやすいので、「グリーンマスター」ではやっぱり不安…。

新型ハイパーVソールを搭載した作業靴「ハイパーV」など、より滑りにくいワークシューズがおすすめです。

サーフ(砂浜)での釣りには〇

グリーンマスター 釣り

サーフでの釣りでは

  • 砂が入りにいく
  • ぬげにくい

ことが求められるので、「グリーンマスター」が最適。

ショートタイプを選べば“蒸れ”も気にならないので、1年中使い続けられますよ。

カヤックフィッシングには〇

グリーンマスター カヤック

砂浜から出艇することの多いカヤックでも「グリーンマスター」がおすすめ。

グリーンマスターは保温性も高いので、“冬場のパドリングシューズ”として愛用する人が多くいます。

POINT
タフなコンディションでの釣りに「グリーンマスター」は不向き。ライトな釣りでの使用がおすすめです。

関連 【冬用】カヤックにおすすめのパドリングシューズはこれ!

グリーンマスターを選ぶ時って、どのサイズを選んだらいいの?

アトム「グリーンマスター」のサイズ感

アトムグリーンマスターサイズ感

「グリーンマスター」のサイズ展開は次の通り。

SS22.0~22.5cm
S23.0~24.0cm
M24.5~25.5cm
L26.0~27.0cm
LL27.5~28.0cm
3L28.5~29.0cm

「グリーンマスター」のサイズ感としては、普段履き靴と同じサイズを選択するのがおすすめです。

靴サイズも「EEE」なので、足幅が広い方でも問題なし。

伸縮性のあるゴム素材なので、ピッタリサイズを選んでも窮屈さを感じることはありません。

冬場に使用するならワンサイズ大きくする

グリーンマスター サイズ

冬場での作業で厚手の靴下を履くことを考えれば、ワンサイズ大きめを選ぶ方が無難。

「ずり落ち防止ベルト」で留めることができるので、ワンサイズ大くても使用感はほとんど変わりませんよ。

POINT
「グリーンマスター」自体はぴったりサイズ。冬場に使うなら、ワンサイズ大きくするのが無難です。

「グリーンマスター」って、ワークマンやホームセンターでも手に入るの?

【アトムグリーンマスターの取扱店舗】ワークマンではどう?

グリーンマスター楽天Amazon

どうせなら、少しでもお得に「グリーンマスター」を手に入れたいですよね。

そこで、「グリーンマスター」の販売店と価格を調査してみた結果は次の通り。

横にスクロールできます⇒

項目定価楽天amazonホームセンターワークマン
グリーンマスター7678円3930円3950円×
グリーンマスターライト6578円3750円3630円×
グリーンマスターリミテッド7700円5300円4600円バッツ

残念ながら、ワークマンでの販売は一切なし。

ホームセンターは店舗によって取扱状況が違うので、各店舗に問い合わせてみないと分からないのが現実です。

POINT
基本的にはAmazonが最安値。ポイントを稼ぎたいなら楽天での購入がおすすめです。

関連 【アトム「グリーンマスター」の取扱店舗】ワークマンはどう?

【まとめ】農作業用長靴ならアトム「グリーンマスター」で間違いなし!


アトム「グリーンマスター」についてまとめます。

POINT

  • オシャレで機能性も抜群なので、タウンユースにも最適
  • 防水性能が高く保温性もあるので、“釣り”や“カヤック”にも使える
  • 伸縮性のある素材なので、どんな足の形にもフィットしてくれる

楽天やAmazonでは、期間限定キャンペーンを実施中。

「グリーンマスター」をお得に手に入れたいなら、今が最大のチャンスになっていますよ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です